このブログは当院のスタッフ数人で担当して更新をしています。
院長がもうすぐ結婚するわけではなく、犬も飼っていないし、プリキュア好きの娘もいません。念のため。

2014年1月30日木曜日

節分について②


節分の日の慣わしについて
「豆まき」
豆をまく風習は、鬼の目を打ち「鬼を退治」という説があります。
炒った豆を、年男や一家の主人、厄年の人が「鬼はそと、福は内」と大声で叫びながら豆をまき、
邪気や災厄をはらいます。
炒った豆を使うのは、生豆をを使って拾い忘れたものから芽が出ると再び悪鬼が芽を出してやってくるので良くないといわれているからです。
豆まき後は、自分の年の数の豆を食べ、一年の無病息災を願います。